東京大学大学院情報学環COE国際・シンポジウム

ユビキタス情報社会における都市デザインとコミュニティ
New Theories for the Ubiquitous City / New Practices in the Fragmented City

6月28日(水)   14: 00-18:30

東京大学武田先端知ビル武田ホール
Language :Japanese/English. Simultaneous translation provided

参加費:無料 Free admission
申し込み不要 No R.S.V.P necessary

ユビキタス都市シンポジウムは、コミュニティにおいて発達を続ける文化の力や、建築・都市デザインの役割について考えることを目標に行われます。特に、パブリック・インボルブメントや、参加型プランニングに対して、ユビキタス情報テクノロジーがもっている可能性について焦点が当てられます。実験的なアプローチを試みるため、このシンポジウムは7月26日から29日の間、下北沢で行われる都市ワークショップ「アーバン・タイフーン」と直結されています。「アーバン・タイフーン」は日本国内だけでなく海外からも建築や都市の専門家たちを招き、下北沢のようなオルタナティブな都市コミュニティにおける文化的創造力を模索します。

The Ubiquitous City Symposium aims to consider the formative power of culture within communities and the potential of ubiquitous information technologies for facilitating public involvement and participatory planning. Taking an experimental approach, the symposium will be directly connected to the Urban Typhoon workshop, June 26-29, which brings together architects and urban specialists from Japan and abroad to explore the cultural creativity and potential of Shimokitazawa and alternative urban communities around the world.

現代における情報の分散化と普遍化は単なる技術の変化である以上に、我々の考え方に大きくインパクトを与え、私たちの都市環境を生み出す、文化的・社会的な変化です。場所と関わるメディアやテクノロジー、例えばモバイル・コミュニケーション、自動位置検索技術、地理情報システム(GIS)、リレーショナル・データベースは都市計画の専門家やコミュニティに新しいツールを提供しています。アップル社のアラン・ケイが、コンピューターの個人的利用からユビキタスな利用へのシフトについて述べた「コンピューターにおける第三パラダイム」は、果たしてどのような影響を都市の領域や都市計画家の研究に与えているのでしょうか。
私たちはリアルとデジタルが融合し、ユビキタス・ネットワークの中においてすべての人々と物事が共にリンクしているような都市に対して、どのようなビジョンを持つことができるでしょうか。ユビキタス・ネットワーク社会において、コミュニティや個人にとってはどのような機会や挑戦があり得るでしょうか。どのようなマクロな、あるいはミクロな戦略が、一方では分裂して排他的なこのユビキタス・ネットワーク社会に入場する(もしくは退場する)ために可能でしょうか。

The current universalization and decentralization of the production and reception of information is not merely a technological change, but also a cultural and social one, directly impacting the way we plan and design our urban environment. The development of a vast array of locative media and techniques such as mobile communications, automated positioning technologies, geographic information systems (GIS), relational databases, and geographic tagging, is giving new tools to urbanists and communities. How is the "third paradigm in computing", as Alan Kay of Apple described the shift from personal computing to ubiquitous computing, affecting the urban realm and the work of urbanists?
What visions do we have for a city where the real and the digital are merged, and where all people and things are linked together in an ubiquitous network? What opportunities and challenges exist in the ubiquitous network society for communities and individuals? What micro and macro strategies are available to enter (or exit) this ubiquitous, but also fragmented and exclusionary, network society?

このシンポジウムは、地域コミュニティや文化コミュニティに対して情報技術が潜在的に持つ力について話し合います。以前にも増して都市計画家は、持続可能な社会的な都市スペースを一般の人々との関わり合いにおいて創造していくことの必要性を実感しています。例えば、 東京都都市整備局も、「2025年都市開発計画」の中で、その目標を以下のように述べています。「都市計画の最初の段階から、住民が計画に関わることのできる方式にしたり、住民の参加を拡張していくなどして、行政は説明責任を果たしていかなければならない。そのようなやり方により、政策決定プロセスにおける透明性の確保が必要である。」
シンポジウムでは、地域コミュニティが代替的な都市計画プランを提案している下北沢の具体的な事例を扱いながら、市民参加型の計画やデザインを促進するために可能な情報技術の使用について意見を出し合います。

This symposium discusses the potential of information technologies for local and cultural communities. Increasingly, urbanists recognize the necessity of involving the public to create sustainable social and urban spaces. For instance, the Bureau of City Planning of the Tokyo Metropolitan Government set as a goal "[g]reater transparency of the process by which decisions are made by having the administration be more accountable from the initial planning stage, employing PI-type methods [Public Involvement], strengthening resident participation, and so on." Using the concrete example of Shimokitazawa, where a community is coming together to propose alternative urban plans, panellists will brainstorm on possible uses of ubiquitous technologies to facilitate participatory planning and design.

都市デザインと情報テクノロジーの出会いは、参加型デザインのための非常に魅力的な可能性を有しています。アンソニー・タウンセンドは次のように述べています。「場所メディア(locative media)は持続可能で国際的な都市システム実現のための知を解き放つだろう。またそれらは、都市の状況に対する自覚をより促し、都市計画家に対して、天文学者や気候学者が彼らの複雑なシステムを理解するために既に使っているある種のリアル・タイムなデータを与えるだろう。そのようにして場所メディアは集合的な有機体として都市がどう機能しているか、ということに対する我々の自覚を根本的に変えることになるだろう。いま緊急に必要なことは、次の世紀に向けて我々はどのような種類の合意を作りたいか、そのビジョンに向けて場所メディアはどのように適切な役割を果たすことができるか、についての徹底した議論である。」このシンポジウムは正にこの議論の現場となり、同時にユビキタスデザインの領域における都市の冒険的企ての出発点となるのです。

At the point of convergence between city design and information technology lays fantastic potential for community participation. As Anthony Townsend remarked, locative media have the potential to "unlock knowledge that will help us achieve a sustainable global urban system ... [they] will also extend our awareness of the urban condition and give urban planners the kind of real-time data that climatologists and astronomers already use to understand their own complex systems. Thus locative media could very well drive a fundamental shift in our awareness of how cities function as collective organisms ... what is urgently needed is a structured discussion around what kind of settlements we want to build in the next century, and what the appropriate role of locative media could play in realizing that vision." The symposium will be a venue for this discussion and a starting point for urban ventures in the field of ubiquitous design.