マティアス・エチャノヴェ Matias ECHANOVE

アーバノロジー / 東京大学大学院学際情報学府博士課程
Urbanology / The University of Tokyo, Ph. D. candidate, Graduate School of Interdisciplinary Information Studies

コロンビア大学で都市計画を学んだ後、東京に活動の拠点を移し、東京大学で博士号取得を視野に入れたプロジェクト「ニューヨーク、東京、ボゴタ、ボンベイにおける都市情報システムのケーススタディ」を進める。アーバン・タイフーン・ワークショップのメインオーガナイザーであるとともに、世界的な想像力を下北沢のサービスと世界中の全てのオルタナティブ・コミュニティに反映させようと試みている。

After studying politics and economics at LSE and urban planning at Columbia University, Matias Echanove started a project-orientated PhD at the University of Tokyo under Shunya Yoshimi. He is focusing on urban information systems & community participation in New York, Tokyo, Bogot��, and Mumbai. He is one of the main organizers of the Urban Typhoon Workshop, aiming to put global imagination at the service of Shimokitazawa and all alternative communities around the world.