マニュエル・デ・リベロ Manuel de RIVERO

スーパースダカ / ペルー・カトリック大学建築都市計画学科教授
Supersudaca / Universidad Catolica del Peru, Prof. Facultad de Arquitectura & Urbanismo, Lima

1973年、リマ生まれ。1996年にリマのリカルド・パルマ大学卒業。2000年から2002年にかけては、オランダのベルラーヘ・インスティテュートにおいて建築、都市計画の修士課程を修了。 1995 年から 2000 年は、 LR&T オフィスにてペルーの一連のプロジェクトのデザインと建設に関わる。
2002年から2005年にかけて、オランダのオフィスMVRDVでいろいろな世界中のプロジェクトのプロジェクトリーダーとして働いた。リマのリカルド・パルマ大学、ロッテルダムのベルラーヘ・インスティテュート、ニューヘブンのイェール大学で教授として講義を持ち、スペイン、オランダ、ドミニカ共和国、アルゼンチン、チリの国際セミナーでも教えた経験を持つ。
また、ラテンアメリカやヨーロッパの建築雑誌におけてライターとしても活躍。‘Five Minutes City' (Episode Publishers, 2003) 、‘Climat' (Editions Carre, 2003) 、‘MVRDV / KM3' (Actar, 2005) などでは編集も務めた。 2004年以来、活動の拠点をペルーに戻し、現在はリマのペルーカトリック大学教授。 Supersudaca の設立メンバー。

Manuel de Rivero (Lima, 1973) graduated as an architect from Universidad Ricardo Palma (Lima, 1996). Between 2000-2002 did his Master in Architecture & Urbanism at the Berlage Institute (Netherlands). As an associate architect in the office LR&T between 1995-2000, he designed and built a series of projects in Peru. From 2002-2005, he worked in the award winning Dutch office MVRDV as a project leader in charge of diverse projects around the world. As a professor, has taught at Universidad Ricardo Palma in Lima, the Berlage Institute in Rotterdam, Yale University in New Haven and at international seminars at Spain, Netherlands, Dominican Republic, Argentina and Chile. He has been active as an architectural writer in many journals from Latin America and Europe as well as editor of books such as ‘Five Minutes City' (Episode Publishers, 2003) ‘Climat', (Editions Carre, 2003) ‘MVRDV / KM3 (Actar, 2005). Since 2004, his practice is based back in Peru and is a professor at the Universidad Catolica del Peru in Lima. He is a founding member of Supersudaca , a think-tank for architecture and urban research that won the Research Award on the IV Ibero-American Architecture Biennial, as well more recently the Best Entry Award at the II International Architecture Biennal of Rotterdam.