カーラ・レイタオ Carla LEITAO
a|Um
スタジオ / コロンビア大学大学院建築都市計画学科教授
a|Um Studio / Columbia University, Associate Prof. Graduate School of Architecture & Planning, New York

建築家、デザイナー、大学教授。ニューヨークとリスボン/ ポルトガルに生活と仕事の拠点を置いて活動する。a|Um(ニューヨーク)と Umasideia (リスボン)を設立。コロンビア大学、プラット・インスティテュート、ペンシルバニア大学にて教える。コロンビア大学建築出版会にて、“City Fragments Beijing”を含む出版物の編集を担当。

a|Um Studioは、2003年にエド・ケラーとカーラ・レイタオによって設立された。a|Um Studioのデザインのプロセスは、すべての空間的・文化的な人工物は、物質、時間、そして事物の関係の交差点であるという信念に基づく。そのようなシステムを拡張し、意味を創出する素材としての彼らの役割を進化させるためには、十分な技術が必要とされる。a|Um Studioは、現代建築、映画論、科学や哲学における近年のパラダイムシフトと関連して、素材と、建築・都市システム・映画・メディア・テクノロジーとの新しい関係を生み出すこと、そしてランドスケープを形作る素材とシステムの自己組織化する創造的な街路を作り出すことは可能だと考える。

Carla Leitao is an architect, designer and professor who lives and works in NY and Lisbon, Portugal. She co-founded a|Um Studio (NYC) and Umasideia (Lisbon). She teaches at Columbia, Pratt, and UPenn. She has edited and co-edited several publications for Columbia Books on Architecture [CBA] including City Fragments Beijing.

She co-founded a|Um Studio together with by Ed Keller in 2003. The a|Um Studio design process is informed by the core belief that every spatial or cultural artifact is a the intersection of material, temporal and event relations. Adequate techniques are needed to unfold such systems and evolve their role as meaning-producing materials.

Drawing from parading shifts in contemporary architecture, film theory, sciences, and philosophy, a|Um believes that it is possible to invent new relationships between material and event structures in architecture, urban system, cinema, media, and technology, and construct innovative avenues of self-regulation in the material and systemic organizations that make up those landscapes.