小林正美 Masami KOBAYASHI
アルキメディア設計研究所 / 明治大学理工学部建築学科教授
Archimedia / Meiji University, Prof. School of Architecture

下北沢におけるユビキタス社会実験と都市の回遊性
ユビキタス・コンピューティングが描く将来の社会像やコミュニケーション空間は未だ暗中模索状態にあり、様々なテーマの社会実験が試みられている。特に時間と場所をつなぐ装置としてのコンピュータが、RFIDタグやGPSなどを利用することにより、人間に対する「情報の提供」、「位置の確認」、「行動履歴の記録」、「リアルタイムな情報/空間へのフィードバック」などのサービスは殆ど可能となった。 しかし、これらの技術が供する分野が公共サービスや観光サービス程度であれば大きな問題は少ないが、これらが使われる目的が著しく恣意的になった場合には、非常に危険である。例えば、顧客の行動パターンを主催者側が把握し、マーケティングにフィードバックさせることは倫理的な観点からどこまで可能であるのか。あるいは、防犯のためにある属性の人間がエリア内で移動する行動軌跡を他人に追跡させ、トレースさせることをどこまで本人が許容するべきかという問題もあまり日本では議論されてはいない。また、それが個性も確立していない小学生たちには許されるのかという議論も同じである。予め専門家が実験を通して事態を予見し、今後の社会のあり方を考えることは極めて重要である。

Ubiquitous social experiment and urban migration in Shimokitazawa
We are still groping in the dark for images of society and communication spaces in the future as rendered through ubiquitous computing, and are exploring social experiments dealing with various themes. In particular, services like information provision, location confirmation, movement records, and realtime information and spatial feedback are becoming possible through RFID tags and GPS in computers that link time and location. There are few problems if these technologies are provided as public utilities or fiber optic services; however, serious dangers arise if they are used arbitrarily. For example, from an ethical standpoint, how far can a company go with using information of the movement patterns of customers for marketing purposes? Or, how acceptable to trace persons with certain attributes for crime prevention? Issues like these are not really debated in Japan. The same goes for debates on whether these things are permissible for grade school children. It is extremely important for specialists to grasp the situation through experiments and consider the future form of society.